2017年2018年のGoogle SEOランキング要素

2017年のGoogle SEOランキング要素

SEMrushランキング係数2.0
SEMrushの結果は、600,000個のキーワードを分析しての100件の結果、ページファクタ、チェーンとトラフィックのデータ、および有益な結果に関する統計に基づいています。

2017年のGoogle SEOランキング要因

ウェブサイトのセキュリティ(httpsの使用)

上位クエリボリュームの最初の3つのキーワードと65%がhttpsを使用しています。 httpsは大きなランキング要因ではありませんが、一般的な傾向です。できるだけ早くウェブサイトをhttpsに変換する方がよいでしょう。

コンテンツの長さ

キーワードの数にかかわらず、コンテンツの長さは通常ランキング順位と大きな関係があります。最初の3つの検索結果ページのコンテンツは、3ページ目以後の平均よりも45%長くなっています。ロングテールのキーワードランクのページはheadキーワードよりも20%長くなります。

Googleの上位10の結果の平均の長さは2000ワードで、ウェブサイトをやり始めた400〜600ワードよりはるかに長い。

キーワード

検索キーワードの場合、フロントページの35%のページにはキーワードが含まれていません。これは、Googleのアルゴリズムが文脈や検索意図の理解に大きな進展をしていることがわかりました。日々進化しているから。またはキーワードを含むタイトルタグがもはや重要なランキング要素ではなくなったこと、あるいはその両方であることを示しています。
アンカーテキストにはキーワードが含まれることはほとんどありません。というわけでアンカーテキストは前より重要性が下がっていることもわかりました。

ウェブサイトのトラフィック

SEMrushはウェブサイトのトラフィックがランキングに及ぼす影響を調査し、訪問ユーザーの数は高クエリ量キーワードにとって非常に重要な要素であり、低クエリ量のワードにはほとんど影響していません。さらに、検索トラフィックはランキングに影響しないように見えますが、直接トラフィックはランキングに影響します。

被リンク

外部ドメインリンクの総数とフォローリンクの数など、高品質の外部リンクも非常に重要です。

一般的な要因

ページを開く速度。 2016年の上位10ページの平均オープン時間は7.8秒で、2017年は5.8秒に短くなりました。

SEMrushのように、Searchmetricsは、タイトルにキーワードを含めることはあまり重要でないことも発見しました。トップランクのページの48%にキーワードが含まれていますが、2016年には55%、2015年では75%でした。

上位10ページのコンテンツ量は1900ワード、2016は1600ワード、2015は1300ワードです。 SEMrushと同じです。

最新のSEOランキング要因の多くは、人工知能の使用に関連しています。次のいくつかの記事で、私はSEOに対する人工知能の影響について書いた。

関連記事

  1. 7年間SEO最適化の経験20要素を公開