料理と芸術のおいしい出会い写真撮影の基本テクニック

料理と芸術のおいしい出会い写真撮影の基本テクニック

グルメ食品の撮影、スマホをやってすることはおすすめです、その理由は非常に簡単です、持ち運びが容易、今の時代スマホカメラの機能も大きく進化したため、一眼にはまだですが、以前のデジカメより綺麗に撮れています。

1.背景をきれいにすることが大事

食品の色と背景を対照させてください。食品の色に似た背景は使用しないでください。例えば、赤い皿に置かれたイチゴは、被写体を鮮やかにすることができません。さらに、背景はきれいでなければなりません。よくわからない場合は、白板を使用することがまずは安全です。

2.ホワイトバランスを調整する

フード撮影に合わせてホワイトバランスを調整します。例えば、牛肉を撮影するときは、暖かい色を使用することが最善であり、青色の蛍光灯の環境で撮影する場合肉は非常に恐ろしいものに見えます。下の画像を確認してください。食欲が出ないでしょう、お腹がすいているなら別の話。

3.自然光で撮影する

いつでも自然光で撮影するのは間違いなく良いことです。昼間は、天井や壁反射板として利用すること、日当たりの良い窓で撮影することは最高です、食品がより美しく見えます。夜には、直接フラッシュの使用を避けて、天井や壁を利用し反射の効果が良いと思います。

4.三脚を使用する

食べ物の撮影はほとんど屋内で行われるため、光はあまり良くないのが当然です、こういう場合は、三脚を使うのが一番です。

5.細かいことで写真が違って見える

細かいことを無視しないでください。きれいな和菓子とフォークを一緒に置くと、写真が面白くなります。

6.近づく

クローズ アップ機能を利用すると、食べ物の細かい部分を見せることができ、より美味しくなります。

7.お菓子をカット!


食べ物の外観より、中身も大事、お客様は最も関心な部分が中身です、食べ物ですから、飾りと違って、中身はとても大事です。食べたらどんな食感になるか、どんな味をするか、カットして見せることが重要。

8.あらゆる角度から撮影してみましょう

いつもハイアングルで撮影してじゃないですか、ぜんぜん面白くない。視点を変えて左、右、左、右、上下に、食べ物の位置を調整し全体を撮影してみよう。

9.小道具を使用する

なぜケンタッキーとマクドナルドのポスター美味しく見えるでしょう。それは小道具を使っているからです。例えばチーズをたっぷりかけて、より美味しく見えるか、トマトを大きいやつを使ってよりボリューム感があり、美味しく見えます。

10.適切な裏技

少しチンして、「焼きたて」のような写真を作り出します。

関連記事

  1. 厳選された100枚の写真マスター古典的なモノクロ写真

  2. デザイン文字を作成

  3. 画像内の不要な文字を消す

  4. 2018年のデザインとスタイル傾向